8月21日 (日) 15:0017:00

東京ワイン会/日本酒酵母の超低温発酵ワイン【銀の雫】

友だち追加
東京/横浜ワイン会のLINEアカウントです。最新情報が届くので登録いただくと便利です。LINE割引もあります。

日時:7月18日(祝)15時~17時(14:40受付開始)
場所:YEBISU BAR(虎ノ門駅徒歩2分)
参加費:LINE登録あり(男性7,000円 女性5,000円)
    LINE登録なし(男性7,500円 女性5,500円)
参加者層:30代40代中心(独身限定)

申し込みフォーム

令和4年東京ワイン会開催中

Wine Life(一般社団法人ワインライフ)のワインパーティー。毎回多くの方にお集まり頂いて、ワインと自然な出会いと交流を楽しむカジュアルなワインイベントです。

ワインに詳しくなくても大丈夫。味や香りの感想をシェアすれば、それだけで楽しい時間を共有できるはず。めめみや気の合うステキな誰かに出会えるかもしれません。

ワイン会では、高級ワインを楽しめるので、それだけ高級な出会いを楽しめます。ハイステータスな方が集まりますが、会の雰囲気はカジュアル、ワインに詳しくなくても気軽に参加できます。

また、一人参加の方も気軽に参加できるパーティーで、過去の実績では8割以上が一人参加です。30代40代が中心のパーティーですが、それ以外の年代の方もご参加頂けます。

ワイン会女子

東京ワイン会 上からワイン

日本酒酵母の超低温発酵ワイン【銀の雫】

低温発酵

「白ワインはできる限り低温で発酵させること」

シャトー・ムートンやオーパス・ワンなどを造って来た、世界的に有名な醸造家「パスカル・マーティ」が醸造を学んでいた頃、教授たちの定説は低温発酵でした。白ワインの魅力であるアロマは、温度上昇と共に揮発しやすくなるため、できる限り低温下で発酵を行うことで、その魅力を最大限高める事ができるからです。

低温発酵の下限の温度は12度というのが定説で、低温発酵に適した酵母がなかったことも大きな理由の一つです。「もし12度を大幅に下回る温度で白ワインの発酵を進められたら、どんな白ワインが出来上がるんだろうか」この発想を思い続けてから実現が出来ないまま30年の月日が流れました。

パスカルマーティ

日本酒との出会い

これを実現したのが「日本酒」との出会いでした。思いがけぬ縁からマーティ氏は再び「超低温発酵」というテーマに取り組むことになりました。

日本酒には、彼がこれまでワインに表現するのが難しいと考えていた様々なアロマ、低温発酵でなければ揮発してしまうアロマが見いだせたのです。そして日本酒の作り方を聞き、マーティ氏は心の底から驚いたのでした。それは、日本酒造りが、これまで彼が知っていたワイン醸造の知識とは異なる、新しい要素を多分に含んでいたためです。

「日本酒」という難しいテーマについて、マーティ氏には熱心に学び続けました。その彼の熱意に応えてくれたのが「獺祭」で有名な旭酒造の桜井博志社長でした。桜井社長から多くのアドバイスを受け、日本酒酵母を応用した際の様々な疑問点が次々と解決していくようでした。

桜井博志

銀の雫誕生

果実から造るワインと、お米から作る日本酒では異なる点も多く、ハーブや柑橘を思わせるアロマと白桃や白い花の芳醇な香りや、かつて大吟醸酒の中に見出した、ローズペダルやヒヤシンスを思わせる花のニュアンスも感じられました。

そして何よりも驚いたのは味わいでした。「キレのある酸、シャープな辛口」というワインが多いソーヴィニョン・ブランですが、むしろその対極にあるような、ボリューム感を伴うクリーミーで厚みのある味わいは、どちらかといえば日本酒の質感を想起させました。

こうして、日本酒の存在を知ってから7年に渡る多くの困難を乗り越え、ぎんの雫はようやく完成したのです。

銀の雫

銀の雫には、白ワインの代表的な品種である「ソービニョン・ブラン」「シャルドネ」と、2種類のワインがあります。今回はその2種類を味わう事が出来ます。

銀の雫 ソービニョンブラン

明るいレモン色の色調で、ハーブ、夏みかん、レモンなどの柑橘系のアロマに、ハイビスカスやヒヤシンスなどの花の香り、リンゴや白桃を思わせる甘い香りがほのかに感じられる。丸みのあるきれいな酸味の余韻が長く続く。

銀の雫 シャルドネ

緑がかった明るいイエローの色調で、アプリコットやシトラスの華やかな香り、アカシヤの様な白い花、ライチやトースト感がほのかに香る。口に含むと複雑でクリーミーな質感、酸味と旨味のバランスが非常に良い。

銀の雫

10種類のワインを楽しむ

上記目玉ワイン以外にも、赤・白・スパークリングワインと10種類程度のワインをご用意いたします。味の違いをお楽しみください。

ワインライフのワイン会は、ワインをきっかけに参加者同士が交流を楽しむパーティーです。ワイン通にも満足して頂ける銘柄をご用意しますが、ワインに詳しくなくても問題ありません。

甘口や低アルコールのものもご用意するので、お酒があまり強くなくても大丈夫です。

ワイン会

【甘口ワイン】

ワインライフのワイン会は、ワイン通では無い人も多く参加されます。実は一番人気なのは、甘口ワインです。

今回は天使のロッソor天使のアスティをご用意します。世界最大規模の見本市「ヴィニタリー」で金賞を受賞したワインです。

甘口ワイン

会場のご案内

会場の「YEBISU BAR」は、霞が関コモンゲートにあるダイニングバーで、ガラス張りで開放感のある空間となります。スタイリッシュで和モダンな店内は、ワイン会にぴったりの会場となります。

半立食となりますが、椅子のご用意もあるのでご安心ください。

エビスバー

エビスバー

【アクセス】
住所:東京都千代田区霞が関3丁目2-3 霞が関コモンゲート2階

銀座線虎ノ門駅11番出口徒歩2分
日比谷線虎ノ門ヒルズ駅徒歩6分
千代田線霞ヶ関駅徒歩5分
南北線溜池山王駅徒歩10分

ワインに合う食事

食事はシェフ特製のお料理をビュッフェスタイルでご用意します。

見た目も味も毎回好評を頂いているので、併せてお楽しみください。

東京ワイン会 エビスバー食事

東京ワイン会 エビスバー食事2

初参加大歓迎

ワインというのは、人と人を繋ぐツールだと思います。ワインという共通の趣味のようなものを一緒に楽しんでいるので、それだけで話が弾みます。お酒が入る事によって、更に話が進みます。初対面の人と話すのは少し緊張しますが、ワインが繋いでくれます。

上手く話せない人も、まずは「ワイン好きなんですか」「どの種類のワインを飲んでいますか」「そのワイン美味しいですか」と、気軽に話してみてください。ワインで繋がっているので、自然に会話が弾みます。

男性同士や女性同士で仲良くなれるのも、ワイン会の特徴です。仲良くなった人と、自由に連絡先交歓をしてください。

お気軽にご参加ください

ワイン会 主催者

主催者の佐藤です。ここまで、サイトを見て頂きまして、ありがとうございます。winelifeのワイン会は、気軽に参加できるワインパ-ティーです。ワインに詳しい必要はありません。

毎回初参加や一人参加の方も多く参加されるパーティーなので、初めての参加の方もご安心ください。初めは少し緊張するかも知れませんが、私も含めスタッフ全員でおもてなしを致します。

参加するかどうか迷ってる方は、是非とも一歩踏み出す勇気を出してみてください。今までと違う非日常、そして素晴らしい出会いが訪れると思います。

申し込みフォーム

キャンセルフォーム

イベント詳細
日時 8月21日(日)15:00~17:00(14:40受付開始)
受付後ウェルカムスパークリングワインを提供します。
会場 YEBISU BAR
〒106-0032
東京都千代田区霞が関3-2-3 霞が関コモンゲート2階
※店内は禁煙になります。ご了承ください。
会費 LINE登録あり(男性7,000円 女性5,000円)
LINE登録なし(男性7,500円 女性5,500円)
支払いは当日現金払いです。キャンセルの際はサイト内のキャンセルフォームからお願いします。キャンセル料は掛かりません。
食べ物 ワインに合う食事をビュッフェスタイルで提供。
飲み物 スパークリングワイン、赤ワイン、白ワイン、ソフトドリンク
※飲み放題です
人数 50名程度
ドレスコード 指定はありませんが、普段より少しオシャレな格好を推奨します。
※ジャージ、作業着不可
持ち物 特にありません。
※荷物置き場はご用意しますが、管理は各自でお願いします。
主催者 一般社団法人ワインライフ
代表理事 佐藤正憲
tel 070-2677-6091